ここから本文です

名古屋グランパスが4連勝で暫定首位に…岐阜がJ2通算100勝達成/J2リーグ第7節

GOAL 4/8(土) 22:05配信

明治安田生命J2リーグ第7節が4月8日、8試合行われた。名古屋グランパスが4連勝で暫定首位に立ち、FC岐阜はJ2通算100勝目を挙げた。6連敗中のザスパクサツ群馬はドローで今季初の勝ち点を獲得。また、FC町田ゼルビアのFW中島裕希がハットトリックを達成した。

レノファ山口FCは73分にDF星雄次の左足で先制ゴールを挙げる。しかし試合終了間際に徳島ヴォルティスのFW渡大生に今季5得点目となる同点ゴールを決められ、1-1のドローに終わった。

松本山雅FCは、MF宮阪政樹の2試合連続ゴールなどで前半に2点をリード。後半にも1点を加えて3連勝中のV・ファーレン長崎を突き放す。試合は3-0で松本の完封勝利となった。

3連勝中の名古屋は58分、MF玉田圭司のゴールで先制。69分に追い付かれるも、88分にFW杉本竜士が勝ち越しゴールを決め、2-1でカマタマーレ讃岐を下した。名古屋は4連勝で暫定首位。

前節、今季初勝利を挙げた岐阜は後半、2点のリードを奪うも、オウンゴールで失点を喫する。岐阜は最後までリードを守り切り、2-1で水戸ホーリーホックに勝利。この勝利で、岐阜はJ2通算100勝を達成した。

開幕6連敗中の群馬は5分、センターサークル付近からFW高井和馬がロングシュートを決めて先制に成功。しかし67分にジェフユナイテッド千葉のMF髙橋壱晟にプロ初ゴールを決められ、試合はそのまま1-1のドローに。群馬は今季初勝利を逃すも、待望の勝ち点1を手にした。

京都サンガF.C.と対戦した横浜FCは、61分にFWイバのゴールで先制する。イバは71分、PKで得点を挙げ、京都を引き離す。試合は2-0で横浜FCが勝った。

アビスパ福岡は66分にMFジウシーニョの移籍後初ゴールで先制する。対する町田は、87分からのわずか8分間で中島がハットトリックを達成。3-1で町田の逆転勝利となった。

ファジアーノ岡山とツエーゲン金沢の一戦は互いに決め手を欠く展開となる。0-0のまま迎えた後半アディショナルタイム、セットプレーから金沢が先制。試合は1-0で金沢が白星を挙げた。

試合結果は以下の通り。残りの3試合は9日に行われる。

明治安田生命J2リーグ第7節

4月8日

レノファ山口FC 1-1 徳島ヴォルティス

松本山雅FC 3-0 V・ファーレン長崎

名古屋グランパス 2-1 カマタマーレ讃岐

FC岐阜 2-1 水戸ホーリーホック

ジェフユナイテッド千葉 1-1 ザスパクサツ群馬

横浜FC 2-0 京都サンガF.C.

アビスパ福岡 1-3 FC町田ゼルビア

ファジアーノ岡山 0-1 ツエーゲン金沢

4月9日

東京ヴェルディ vs 湘南ベルマーレ

愛媛FC vs ロアッソ熊本

モンテディオ山形 vs 大分トリニータ

GOAL

最終更新:4/8(土) 22:05

GOAL