ここから本文です

スプリント数トップは7発大勝貢献の浦和MF武藤ら3人…ハットの興梠も5位の31本

スポーツ報知 4/8(土) 22:36配信

 明治安田生命J1リーグ第6節は7、8日に各地で行われた。Jリーグは公式サイトで1試合のスプリント(時速24キロメートル=KM以上の走り)数を発表。チームでは浦和が196でトップ、2位が195の鳥栖、3位がC大阪の187で、上位3チームはすべて勝利チームとなった。

 個人では7―0の大勝に貢献したMF武藤雄樹(浦和)、初勝利に貢献したMF高橋壮也(広島)と、ブラジル人FWホニ(新潟)の3人で、34だった。リーグ戦で初のハットトリックを達成したFW興梠慎三(浦和)も31で5位に入った。個人のスプリント数10傑は次の通り。

 (1)34 MF武藤雄樹(浦和)対仙台

 (〃)34 MF高橋壮也(広島)対G大阪

 (〃)34 FWホニ(新潟)対鳥栖

 (4)33 MFマルティノス(横浜M)対磐田

 (5)31 FW興梠慎三(浦和)対仙台

 (6)30 MF井手口陽介(G大阪)対広島

 (7)29 MF斎藤学(横浜M)対磐田

 (〃)29 DF高橋峻希(神戸)対大宮

 (9)27 MF小野裕二(鳥栖)対新潟

 (10)26 DF藤春広輝(G大阪)対広島

最終更新:4/8(土) 22:36

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合