ここから本文です

ダブルス勝利のアメリカが4強へ望みをつなぐ [デ杯テニス]

4/8(土) 19:08配信

THE TENNIS DAILY

 デビスカップ・ワールドグループ準々決勝「オーストラリア対アメリカ」(4月7日~9日/オーストラリア・ブリスベン/ハードコート)は8日、ダブルス1試合が行われ、スティーブ・ジョンソンとジャック・ソックのアメリカ・ペアがサム・グロスとジョン・ピアースのオーストラリア・ペアを3-6 6-3 6-2 2-6 6-3で退けた。これでオーストラリアの2勝、アメリカの1勝となった。

キリオスがイズナーをストレートで破る「信じられないくらい素晴らしい日」 [デ杯オーストラリア対アメリカ]

 アメリカ・チームの監督であるジム・クーリエは、前日のシングルス第1試合でジョーダン・トンプソン(オーストラリア)に敗れていたソックを急遽試合の1時間前に出場予定だったサム・クエリー(アメリカ)に代えてダブルスに起用した。ジョンソン/ソック組は第1セットは失ったが徐々に自信を取り戻し、鉄壁の防御で長いラリーを制してグロス/ピアース組を追い込んでいった。第5セットでジョンソン/ソック組は、ピアースのサービスゲームのブレークに成功して勝利をもぎ取った。

 前日のシングルス第1試合ではオーストラリアの22歳、トンプソンがアメリカのエースであるソックを6-3 3-6 7-6(4) 6-4で下す番狂わせに成功していた。続くシングルスの第2試合ではオーストラリアのエースのニック・キリオスが20本のサービスエースを放ち、ビッグサーバーのジョン・イズナー(アメリカ)を相手に7-5 7-6(5) 7-6(5)で退けてオーストラリアに2勝目をもたらしていた。

「今日は本当に選手を誇りに思う。明日もかなり頑張らなければいけないけどね」とクーリエ監督は試合後にコメント。「自国の為に戦えることを本当に誇りに思う。勝つつもりで最後まで頑張ったよ」とジョンソンが付け加えた。

 最終日のシングルスでは、第1試合がキリオス対ソック、第2試合ではトンプソン対イズナーの2戦が予定されている。

 オーストラリアとアメリカの勝者が、9月の準決勝でイタリア対ベルギーの勝者と対戦する。両国の対戦は、現時点でシングルスで2勝を挙げたベルギーがリードしている。

 アメリカはこれまでにデ杯の最多記録となる32度のタイトル獲得を果たしており、オーストラリアは次に多い28度の優勝を誇る。しかし、アメリカは2007年、オーストラリアは2003年を最後に優勝から遠ざかっている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: BRISBANE, AUSTRALIA - APRIL 07: Steve Johnson of the USA celebrates victory with doubles team mate Jack Sock after defeating Sam Groth and John Peers of Australia in doubles during the Davis Cup World Group Quarterfinals between Australia and the USA at Pat Rafter Arena on April 7, 2017 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

最終更新:4/8(土) 19:08
THE TENNIS DAILY