ここから本文です

“アメリカ版の香川真司“に? ドルトムントで期待受ける新星「過去に比較できる存在はいない」

4/8(土) 11:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

欧州で活躍する特別な存在

今季のドルトムントは多くの若手選手が活躍しているが、その中の1人に挙げられるのがアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチだ。まだ18歳のプリシッチは今季18試合に先発出場しており、指揮官トーマス・トゥヘルからも信用されている。今季非常に伸びている選手と言えるだろう。

“キレキレの香川”に戻りつつある!

そんなプリシッチはアメリカサッカー界にとっての希望の星とも言える。ドルトムントのマーケティング部門を担当するカルステン・クラマーは、プリシッチのような選手は過去のアメリカ代表にはいなかったと考えており、同国が待ち望む世界的なスーパースターになる可能性があると期待をかけている。

ブラジルやアルゼンチンの選手が欧州で成功を収めるのとは違い、アメリカや日本のような国にとって欧州のトップリーグで活躍している選手は特別な存在だ。独『SPOX』によると、クラマーは「アメリカの基準でいくなら、プリシッチは世界的なスーパースターになるポテンシャルがある。過去に比較できる選手はいないね。恐らく、日本でいう香川真司と比較できるのではないか」とコメントしている。

香川もドルトムントでブンデスリーガ連覇に大きく貢献するなど、日本人選手の実力を世界に証明してくれた存在だ。香川1人の成果ではないが、現在日本人選手に海外挑戦のチャンスがあるのは香川のような選手が日本の評価を高めてくれたおかげでもある。

アメリカにとってプリシッチも同様の存在だ。ブンデスリーガで優勝を争い、チャンピオンズリーグではベスト8に残るようなクラブで自国の若手選手がチャンスを得ているとなれば、注目を集めるのは当然だ。プリシッチにはアメリカ版の香川といった存在になることが期待されていると言うこともできるはずで、プリシッチの活躍はアメリカサッカー界にとって非常に大きな収穫となっていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合