ここから本文です

ノルウェーのスローTV番組、トナカイの移動を追う

4/8(土) 15:31配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【4月8日 AFP】延々と続く遠洋航海や、編み物を一目ずつ放映する「スロー番組」が人気のノルウェーで、ラップランドのトナカイの移動を追う新番組が開始される。

 ノルウェーではここ数年、さまざまなスロー番組が人気で、サケ釣りから薪の燃やし方まで、微に入り細にわたって紹介されている。

 そこで今度は公共放送NRKが4月末から約1週間、トナカイの春の移動をほぼノンストップで放映する。冬の内陸の高原の牧草地から、夏の沿岸地域の牧草地へと群れをなして進んでいく。無人機(ドローン)とスノーモービルに乗った撮影隊、さらには1頭のトナカイに装着したカメラを使って、トナカイ独自のペースで移動しながら約100キロの旅を記録する。

 ノルウェー最北端のフィンマルク(Finnmark)県では、1年のうちの今頃はまだ白夜にはならない。しかし夜でも1日24時間の放映に十分な明るさだ。

 NRKの幹部、ペル・インゲ・アセン(Per Inge Asen)氏はAFPの取材に対し「トナカイの進むぺースは、道程の気象条件と草を食べることができる場所で決まる。(追っていく過程で)息をのむような自然の光景にたくさん出会うだろう」と語った。

 時間に追われストレスがいっぱいな現代社会で、満足感が手軽に得られることがもてはやされる中、ノルウェーではスローテレビ番組が幅広い人気を博している。2011年にはノルウェー海岸沿いのフィヨルド観光船による5日間クルーズを約320万人が視聴した。同国の総人口が520万人であることを考えると、驚異的な数字だ。14日から17日にかけて撮影。(c)AFPBB News

最終更新:4/8(土) 16:21
AFPBB News