ここから本文です

今回のマドリード・ダービーもアウェイのアトレティコが支配する? 過去10試合を振り返ると……

4/8(土) 18:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

アウェイ側の勝利数多く

8日に行われるレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードのダービーマッチは、どちらにとっても負けられない意地のぶつかり合いだ。特にホームのレアルは首位を守るためにも勝ち点の取りこぼしは許されず、勝ち点3を奪うべく積極的な姿勢を見せてくるだろう。

マンUの実力はアトレティコより明らかに下! 「みんな他のビッグクラブより劣ると思ってる」

アトレティコを率いるディエゴ・シメオネも、レアルが攻撃的に臨んでくると予想している。スペイン『MARCA』によると、シメオネは「我々は彼らが最初の20分から25分に高い位置からプレッシャーをかけ、ハイテンポなやり方でくると予想している。BBC、さらに私はイスコもプレイするとイメージしている 」とコメント。レアルがボールの支配率を高めて攻撃的なアプローチを取ってくるとの予想だ。

しかし、アウェイのアトレティコにも勝機がないわけではない。というのも、奇妙なことに近年のマドリード・ダービーはホーム側が試合を思うようにコントロールできない展開が多いのだ。リーグ戦での直接対決を振り返ると、過去10戦でホーム側が勝利したのはわずか2回だけ。一方でアウェイ側が勝利したケースは6回もあるのだ。思えば今季の1度目の対戦もアウェイ側のレアルがクリスティアーノ・ロナウドの活躍で3-0の大勝を収めている。今回もアウェイ側のアトレティコが勝ち点3を獲得する可能性は十分に考えられる。

何よりレアルはリーグ戦でアトレティコ相手にあまり良い成績を残せていない。レアルがリーグ戦でアトレティコ相手に勝利したのは2012-13シーズンまで遡らなければならない。2013-14シーズンから昨季までは全てアトレティコがサンティアゴ・ベルナベウで勝利を収めており、レアルとしては気にかかる成績だ。シメオネも「どこでもプレイするのは同じ。我々はいつだって勝ち点3が欲しい」とコメントしているが、今回もアウェイのアトレティコが首位レアルを沈めるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合