ここから本文です

中地区最下位の富山に痛手、城宝匡史が全治約2カ月のケガ

4/8(土) 13:30配信

バスケットボールキング

 富山グラウジーズは4月7日、城宝匡史の負傷を発表した。


 2日に行われたサンロッカーズ渋谷とのB1リーグ第26節第2戦でケガを負った城宝。左手第五中手骨骨折と診断され、全治は約2カ月と発表された。城宝は3ポイントシュートを得意とするシューティングガードで、今季はB1第26節終了時点で45試合に出場し、合計602得点(1試合平均13.4得点)のうち264得点(計88本)を3ポイントで記録していた。


 城宝は自身のTwitterをとおして「大事な時期にすごく残念です。すでに手術終えて退院してます。 コートには立てませんが、出来る限りのサポートをしてチームに貢献したいと思ってます!」とブースターへ向けてコメントした。

BASKETBALL KING