ここから本文です

前田幸長氏、ロッテ・佐々木を評価「即戦力の力をみせてくれた」

4/8(土) 10:00配信

ベースボールキング

佐々木の粘投を評価

 ロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木千隼が6日、ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦に先発し、5回を3安打、6奪三振、1失点に抑えプロ初勝利を挙げた。

 強風が吹き荒れる中でのプロ初勝利に、ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める前田幸長氏は「風が強くコンディションがあまりよくなかった。その中で、粘り強く投げられたというところでは、5球団が1位指名したというものを見せてくれました」と評価した。

 特に5回は先頭の中島卓也に中前打を浴びた後、盗塁を許し無死二塁のピンチを招いたが、1番・西川遥輝、2番・大谷翔平を連続三振。3番・近藤健介を四球で歩かせたものの、4番の中田翔を空振り三振に斬ってとった。

 この場面に前田氏は「怖がらずにしっかり腕を振れていたのが一番。いい打者が並ぶ中で、四球を怖がらずに腕を振って、カーブでも腕を緩めずしっかり振れていた。即戦力の力をみせてくれた」と絶賛した。

マリン特有の環境でも

 佐々木のプロ初登板を高く評価した前田氏ではあるが、「手放しに喜べるかというとそうではない」と話す。その理由について「風が強い中で制球を乱した。初登板を差し引いても四球の数は多いかな」と6つの四球を与えた制球に課題点を挙げた。

 さらに前田氏は「今後も、こういうコンディションの時にマウンドにあがると思うんですよね。その時に、しっかり制球できるかが2勝、3勝目を挙げるのに重要な課題だと思います」と話した。

 風の影響を受けやすい本拠地で勝ち星を積み重ねていくためにも、マリン特有の風に慣れていくことは重要になっていきそうだ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(木) 19:05