ここから本文です

「美川っ子見守隊」結成、白山 有志から組織に、防犯強化

4/8(土) 1:23配信

北國新聞社

 白山市美川小校区で今年度、児童の登下校の安全を見守る「美川っ子見守隊」が結成され、7日に活動を開始した。美川地区ではこれまで、住民有志が自主的に町内の交差点や校門前で見守り活動に取り組んでいたが、隊として組織化することで、地域ぐるみの防犯体制を整える。

 見守隊は3月末、地区の老人会「美川鶴亀会」の役員と、美川小安全ボランティアらで組織された。登校時に通学路で交通安全指導を行うほか、集団下校時には児童に付き添う。学校関係者との定期的な情報交換会の開催も検討する。

 隊員数は約70人で、隊は登校時に活動できる人が不足しているとして、募集していく。今後、美川地区交通安全協会など各団体の協力を得て、帽子や上着、腕章などをそろえる。

 隊員の宮崎清則さん(66)は「地域と学校が一体となり、地域の宝である子どもたちの安全を見守っていきたい」と意気込んだ。

北國新聞社

最終更新:4/8(土) 1:23
北國新聞社