ここから本文です

30代同士でM&A 野々市の理美容業、まつげエクステ

4/8(土) 1:18配信

北國新聞社

 理美容業のカラーズジャパン(野々市市)は、まつげエクステ店経営のアスクレア(同)の全株式を取得し、子会社化した。経営者はともに30代で、M&A(企業の合併・買収)を仲介した中山会計(金沢市)の小嶋純一常務社員税理士は「両社とも黒字だが、若手起業家が成長のために柔軟にパートナーを探す動きが出てきた」としている。

 アスクレアは2011年設立で野々市、金沢市に1店ずつ店舗を構えている。創業者の宮永恵里さん(32)は「現体制でこれ以上、成長スピードを上げるのが難しい」と考え、北陸に8店を構えるカラーズジャパンの傘下に入ることを決めた。

 カラーズジャパンの池田聡社長(37)がアスクレアの社長を兼ね、宮永さんはアスクレア会長に就いた。池田社長は「アスクレアの技術が必要だった。互いの発展を志し、よりよい形を選択した」と語る。

北國新聞社

最終更新:4/8(土) 1:18
北國新聞社