ここから本文です

兼六園で無料開放

4/8(土) 16:13配信

北國新聞社

 8日の石川県内は、南から暖かく湿った空気が流れ込み、正午までの最高気温は金沢22・8度、輪島21・5度など各地で気温が上がった。兼六園では観桜期に合わせた無料開園が始まり、花曇りの空の下、花見客でにぎわった。園内のソメイヨシノは、穏やかな陽気で開花が一気に進み、9日に満開を迎える見通しとなっている。

 県金沢城・兼六園管理事務所によると、兼六園には約420本、金沢城公園には約400本の桜がある。ソメイヨシノは午前中は五分咲きとなっており、担当者は「午後には八分咲き、9日には満開になるだろう」とみている。

 兼六園には午前11時までに市民や観光客ら約8500人が訪れ、桜色に染まった名園の風情を楽しんだ。

 無料開園は16日まで。兼六園と金沢城公園は開園時間を延長し、午後6時~9時半には園内をライトアップする。

北國新聞社

最終更新:4/8(土) 16:13
北國新聞社