ここから本文です

絶好調「西松屋チェーン」営業益2ケタ増のワケ

4/9(日) 17:50配信

ZUU online

1人の女性が生涯に産む子供の数を推計した合計特殊出生率は1.46(2015年)となり、少子化対策が推進されているにも関わらず、なかなか低水準から抜け出せない状況だ。

少子高齢化が進行する日本市場においては、子供向けのビジネスには厳しい向かい風となる。そうした中、ベビー・子供の生活関連用品を販売する西松屋チェーン <7545> の勢いが止まらない。その好調さを支えるビジネスの裏側に迫る。

■積極的な店舗展開 全国908店舗に成長

西松屋の2017年2月期決算によると、売上高が前年同期比2.6%増の1362億7300万円、営業利益が同33.2%増の78億7100万円、純利益は同34.8%増の51億1800万円となった。

消費者の節約志向が広まる中、低価格帯の商品が支持を受け、手堅く売上高を伸ばしながら、営業利益は大幅な伸びとなった。相対的に利益率が高いプライベートブランドの商品の展開を進めたほか、中国以外の国からの商品調達を拡大し、原価コストを抑制したことなどが利益率を押し上げた。

手ごろな価格帯の豊富な種類の商品で顧客を引き付けるため、商品の数量管理や納期管理を徹底し、在庫を適正にコントロールした上、IT化を促進して店舗での作業手順を見直し、コスト削減にも取り組んだことも奏功した。好調な業績を受け、期末配当を11円(前期10円)に引き上げる。

■出店にあたっての慎重な判断

ITを駆使した店舗網は、新たに30店舗がオープンし、全国で908店舗(17年2月期末)となった。全国に張り巡らされた店舗ネットワークを構築するまで成長を果たしたが、積極的な出店攻勢の裏には、慎重な判断にも抜かりがない。出店にあたっては、投下資本に対する経常利益率が15%以上確保できるかどうかを判断材料としている。経常利益率に一定の水準を定めることで、それぞれの店舗の経営効率を標準化。このため、不採算店舗への見切りも迅速で、閉店や店舗移転を決断し、稼げる店舗ネットワークを形成する。

こうして築き上げられた店舗網では、人材の確保・育成の強化も欠かせない。ラインスタッフと呼ばれるレイアウトマン、インストラクターが売り場作りを主導し、店舗オペレーションの標準化を徹底。また、店舗に配置されたスーパーバイザーが業務を監査し、マネジメントにあたる。

さらに、店舗網の拡大に伴い、2-5店舗ほどの複数店舗を管理するスーパーインテンデントと呼ばれる店長も増やして対応にあたる。内部人材の育成に加え、外部からの優秀な人材の引き抜きにも積極的だ。好調な業績を支えたプライベートブランド商品は、他業種からスカウトした人材が開発を担当し、ヒットに繋げた。

■ネット事業拡大、ギフトカード導入で攻勢

全国津々浦々まで店舗網を拡大させた西松屋だが、世はアパレル不況の波が押し寄せ、大手百貨店も苦戦を強いられている。実店舗での衣料品の販売不振の引き金となったともいえるのが、ネットショッピングの躍進だ。

子供衣料を扱う西松屋も、その消費者の動向に対応を迫られている。そこで、茨城県常総市にインターネット販売用の配送センター「ネット東日本センター」を開設し、インターネット販売にも本格的に乗り出し、インターネットを通して買い物をするユーザーの取り込みを狙う。また、小さい子供を連れて店舗に出向けない消費者の利便性向上にもつなげたい考えだ。

また、新たな取り組みとして、17年2月から「西松屋チェーンギフトカード」を導入した。このカードの購入単価は1000円からとなり、最高3万円まで1000円単位でチャージすることができ、出産祝いなど贈り物としての需要喚起を狙う。ギフトカードでの支払いは、インターネット通販の利用はできないが、全国の店舗で取扱商品すべてが対象となる。

■スタートダッシュには失敗 株価は年初来安値を更新

好調な西松屋の先行きに注目が集まるが、18年2月期決算に向けた動きは鈍い。天候の影響から、春物、初夏物先行販売が伸び悩み、3月度は、売上高が対前年同月度比で5.6%、客数も4.5%それぞれ減少し、前年割れとなった。

SMBC日興証券は4月4日付、18年2月期業績予想を射程圏内ではあるとしながらも、投資評価「2」を継続しつつも目標株価を1500円から1450円に引き下げた。株式市場では嫌気され、西松屋の株価は年初来安値を更新した。

スタートダッシュには失敗した形となったが、同決算の見込みとしては、売上高は前期比4.9%増の1430億円、営業利益は同10.7%増の87億1500万円、純利益は同13.2%増の57億9500万円と、引き続き2ケタの営業益アップに狙いを定めている。今後の月次売上動向は注視したい。

少子化、インターネットショッピングの拡大など時代の荒波に立ち向かい、成長を続ける西松屋。子供を持つ家庭の毎日の子育てが楽しくなる豊かな暮らしを実現するという事業コンセプトを貫き、今後も消費者の心を掴めるか。(ZUU online 編集部)

最終更新:4/9(日) 17:50
ZUU online

チャート

西松屋チェーン7545
1211円、前日比+20円 - 8/23(水) 14:17