ここから本文です

【オリックス】7年目・宮崎の3安打などで開幕3連敗から5連勝単独2位浮上

スポーツ報知 4/9(日) 21:34配信

◆オリックス2―0日本ハム(9日・京セラドーム大阪)

 オリックスの7年目・宮崎祐樹外野手(30)が、貴重な先制打を含む、3安打1打点の活躍を見せた。「1番・中堅」で先発し、初回に三塁へのラッキーな内野安打で出塁すると、5回2死一、三塁で、日本ハム・メンドーサのチェンジアップをすくい上げ、左中間に運ぶ先制タイムリー。お立ち台では「打った瞬間ショートフライだと思ったので『落ちろ~!』と言いながら走りました」と話し、スタンドの爆笑を誘った。1死一、二塁の7回にも中前打を放ち、チャンスメイクした。

 2安打1打点の前日(8日)に続くスタメン起用にバットで応え「積極的にいっている。頭を整理してやることをやっている結果」と振り返った。チームきっての盛り上げキャラである宮崎の連日の奮闘に、福良監督も「今日もほんとに良いところで打ってくれた。(彼が打つと)ムードが良くなりますね」と笑みを浮かべた。

 オリックスは開幕3連敗から5連勝。日本ハムに対しては2014年7月以来の同一カード3連勝。貯金2で単独2位に浮上した。オリ達の勢いはますます増すばかりだ。

最終更新:4/17(月) 21:42

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/26(水) 15:05