ここから本文です

杉咲 花 映画『無限の住人』で筋肉痛に!?

4/9(日) 11:00配信

TOKYO FM+

4月29日(土)から全国でロードショーされる映画『無限の住人』に出演している杉咲 花さんが、4月8日土曜日、TOKYO FMの番組に生出演。映画『無限の住人』の撮影裏話を語ってくれました。

ーー4月29日から公開される映画『無限の住人』では、杉咲さんはどういう役どころなんですか?

「まっすぐな心を持った少女なんですけど、両親を殺されてしまって、そこからは自分の命をかけてでも敵討ちすることを決めるんです。
その為に万次さんに用心棒を依頼するんですけど、万次さんと一緒に時間を過ごしていく中で、万次さんが自分にとって大事な存在になってしまうんです」


ーー撮影現場はどんな雰囲気ですか?

「木村拓哉さんはすごくレディファーストな方で、たくさんお世話になったんですけど、撮影していない時でもご飯に連れて行ってくれたりして、濃い3ヶ月を過ごさせていただきました」


ーー映画では、杉咲さんが剣を握っているシーンもありますよね? その時の心境はいかがでしたか?

「映画のラストに300人vs凜と万次というシーンがあるんですけど、そこは自分が演じている事を忘れてしまうくらい、目の前に刀があるという感覚が恐ろしく感じたシーンでした。
演技している事は分かっているのに、恐かったですね」


――映画の出演にあたり、トレーニングなどはされましたか?

「私は、クランクインの2ヵ月前から殺陣の稽古と所作の稽古をしました。
剣を握ること自体初めてだったので、初めて稽古した次の日は手が筋肉痛になるほどでしたね。お箸を持つ手がブルブル震えるくらい、初めての感覚を味わいました」

(杉咲 花さんは2017年4月8日土曜日、TOKYO FMの番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」に出演しました)

最終更新:4/9(日) 12:48
TOKYO FM+