ここから本文です

【MotoGP】アルゼンチン予選:マルケスPP獲得。アブラハムが躍進2位

4/9(日) 9:56配信

motorsport.com 日本版

 MotoGPアルゼンチンGPの予選が行われ、昨年王者のマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が1分47秒512でポールポジションを獲得した。

【リザルト】MotoGPアルゼンチンGP予選Q2結果

 開幕戦カタールGPの予選は、豪雨に見舞われたために行われなかった。そのため、今回は今季初の予選セッションとなった。ただし、アルゼンチンの土曜日も雨。つまり、フリー走行4回目と予選は、今季初のウエットセッションだったということも意味する。

 トップチームのライダーも多く出走した予選Q1。ダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)とバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)がトップ2を占めたためにQ2進出を果たしたが、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)はロッシにわずか及ばず……3番手でQ1敗退となり、13番グリッドから決勝をスタートすることになった。また、ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)は6番手、スズキのアレックス・リンスは最下位で予選を終えることになった。

 Q2進出を果たしたペドロサとロッシは、予選Q2の序盤にはトップ3圏内に位置していた。しかし、路面は徐々に改善していき、各ライダーはペースを上げていく。

 マルケスは残り15分というところで1分48秒571を記録し、トップに浮上。2番手以下を1秒059上回った。ペドロサもペースを上げ、マルケスに対して0.437秒差まで迫るが、これをダニーロ・ペトルッチ(プラマック)が上回ってみせた。

 しかし、マルケスは再びタイムを更新。約1秒のペースアップを果たし、1分47秒512を記録した。このタイムは、ポールポジションを獲得するには十分すぎるほどのものだった。

 2番グリッドを獲得したのは、カレル・アブラハム(アスパル)。セッション終盤にマルケスから0.763秒差のタイムを記録してみせた。アブラハムは自身初のフロントロウ獲得である(これまでの予選最高位は6位)。

 3位にはLCRホンダのカル・クラッチロー。アブラハムにわずか0.003秒及ばなかった。ペトルッチも4位に入り、トップ4のうち3グリッドをサテライトチームのライダーが占めた。

 ペドロサが5位、開幕戦勝者のマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)は6位、ロッシは7位に入った。ビニャーレスは予選終盤まで9番手に位置していたが、最後のラップで1秒挽回し、なんとかトップ6入りを果たすことができた。

 MotoGP第2戦アルゼンチンGPの決勝レースは、日本時間の10日(月)朝4時(現地時間8日16時)から行われる。

Mitchell Adam