ここから本文です

ケルバーとパブリウチェンコワが決勝進出 [モンテレイ/女子テニス]

4/9(日) 12:00配信

THE TENNIS DAILY

 メキシコ・モンテレイで開催されている「アビエルト GNP保険(メキシコ・オープン)」(WTAインターナショナル/4月3~9日/賞金総額25万ドル/ハードコート)は8日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)と第2シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)のトップ2シードが決勝に進んだ。

第1シードの日比野菜緒/ロソルスカが決勝進出 [アビエルト GNP保険]

 ケルバーは第4シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を7-6(6) 6-1で、パブリウチェンコワは第3シードのカロリヌ・ガルシアを6-2 6-4で、それぞれストレートで破っての勝ち上がり。

 世界1位のケルバーは昨年の全米オープン優勝を最後にタイトルから遠ざかっており、決勝進出は同年10月のWTAツアー最終戦(シンガポール)以来。今大会は2013年大会で決勝を戦っており、今回決勝を戦うパブリウチェンコワに敗れて準優勝だった。

 一方、世界16位のパブリウチェンコワは、2015年10月のモスクワ(WTAプレミア)以来の決勝進出。ツアー優勝は同年10月のリンツ(WTAインターナショナル)が最後となっており、一年半ぶりのタイトルを目指す。今大会は2010、2011、2013年と3度優勝している相性のよい大会だ。

 両者の過去の対戦成績は5勝3敗でケルバーがリードしている。パブリウチェンコワは2014年の勝利を最後に3連敗しているが、2013年の今大会決勝では4-6 6-2 6-4のフルセットで勝っている。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo: INDIAN WELLS, CA - MARCH 14: Anastasia Pavlyuchenkova of Russia celebrates match point against Dominika Cibulkova of Slovakia in their fourth round match during day nine of the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 14, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:4/10(月) 5:39
THE TENNIS DAILY