ここから本文です

【MLB】田中将大が再び乱調 自己ワースト6四死球で勝敗つかず ヤ軍は3連敗

4/9(日) 8:24配信

Full-Count

野手の援護受けて1点リードで降板も、7回に中継ぎ陣が逆転許す

 ヤンキース田中将大投手が8日(日本時間9日)、敵地で行われたオリオールズ戦に先発し、5回3失点で勝敗はつかなかった。3回持たずに7失点降板した開幕戦に続き、この日も乱調。6安打と自己ワースト6四死球を記録しながら5回を投げて6安打5奪三振で3失点(自責3)。何とか1点リードで勝機をつないだが、7回に救援陣が逆転され、勝敗つかず。チームは4-5で逆転負けした。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 5回を3失点としたものの、開幕戦の汚名返上とはならなかった。3回までは速球とスライダーを使いながら、好守のアシストも受け、順調にアウトを重ねたが、2点リードの4回に乱れた。2死二塁からカスティーヨの中前打で1失点すると、内野安打と死球で満塁。最後はハーディを投ゴロに打ち取り、何とかリードを保った。

 5回の攻撃で味方が2点追加に成功。3点リードで迎えた5回裏、田中は再び制球を乱す。先頭から中前打と死球で無死一、二塁とすると、続くマチャドの右翼フェンス直撃の二塁打で1失点。さらに四球で無死満塁のピンチで、遊ゴロに打ち取った間に三塁走者が生還し、1点差に追い上げられる。ここから再び四球で1死満塁としたが後続を打ち取り、辛くも1点リードで逃げ切った。

 勝利投手の権利を持ったまま、6回から中継ぎ陣にマウンドを託した。だが、チームは7回に逆転されたため、田中に勝敗はつかなかった。

 5回の攻撃中には、正捕手サンチェスがファウルを打った際に右上腕二頭筋を負傷して途中交代するアクシデント発生。エースの2試合連続乱調、正捕手の負傷離脱など、ヤンキースにとっては厳しい試合となってしまった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/9(日) 8:51
Full-Count

スポーツナビ 野球情報