ここから本文です

19歳のカサキナとオスタペンコが決勝へ [チャールストン/女子テニス]

4/9(日) 20:01配信

THE TENNIS DAILY

「ボルボ・カーズ・オープン」(WTAプレミア/アメリカ・サウスカロライナ州チャールストン/4月3~9日/賞金総額77万6000ドル/クレーコート)のシングルス準決勝が行われ、ノーシードのダリア・カサキナ(ロシア)とエレナ・オスタペンコ(ラトビア)が決勝進出を決めた。

大坂なおみは3回戦でロジャーズに敗退 [ボルボ・カーズ・オープン]

 カサキナはラウラ・シグムンド(ドイツ)に対して第1セットを落としたが、続く2セットを連取して3-6 6-2 6-1で逆転勝利。オスタペンコは勝ち残っていた唯一のシード選手である第11シードのミルヤナ・ルチッチ バローニ(クロアチア)を6-3 5-7 6-4で倒した。

 カサキナは第1セットではシグムンドに主導権を奪われたが、続く第2、3セットでは15ゲーム中12ゲームを奪っての勝利。準々決勝で第5シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を6-2 6-4で倒して勝ち上がっていたオスタペンコは、35歳のルチッチ バローニとのフルセットの接戦をものにした。

 ともに1997年生まれで19歳のカサキナとオスタペンコは、これまでWTAツアーのシングルスでの優勝経験はなく、日曜日の決勝ではともに初タイトルをかけて対戦する。過去の対戦成績は、オスタペンコの2勝0敗となっている。(C)AP(テニスマガジン)

Photo:MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 16: Daria Kasatkina of Russia plays a forehand in her first round match against Shuai Peng of China on day one of the 2017 Australian Open at Melbourne Park on January 16, 2017 in Melbourne, Australia. (Photo by Jack Thomas/Getty Images)

最終更新:4/9(日) 20:01
THE TENNIS DAILY