ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ6回1失点の好投も今季白星ならず 打線が7回まで無安打沈黙

4/9(日) 11:01配信

Full-Count

6回無死二、三塁の危機を1失点で凌ぐ

 今季初勝利を目指すレンジャーズのダルビッシュ有投手は8日(日本時間9日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、6回4安打3四球5奪三振で1失点(自責1)と好投をした。だが、打線はアスレチックス先発ブレグマンの前に6回まで無安打と封じ込められ、援護射撃なし。ダルビッシュは毎回走者を背負いながらも、自ら牽制で刺すなど要所で締めて、試合を作った。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 自身初となるメジャー開幕投手を任された1日(同2日)インディアンス戦では5四球2暴投と制球を乱し、チームを勝利へ導けなかった。制球力を高めるべく、プレートを踏む位置を三塁側に変えて臨んだこの日は、早速その成果が出た。

 初回、先頭セミアンにストレートの四球を与えたが、後続3人を打ち取った。2回には1死からラウリーの中前打、3回には再びセミアンへの四球、4回には再びラウリーの中前打と、毎回走者を背負ったが、後続をつなげずに失点を許さなかった。

 5回には1死からデービスに右越え二塁打を浴びたが、直後に二塁手オドルとの好連係で牽制プレーを成功させ、失点のピンチを切り抜けた。

 だが、6回に先頭から四球、左翼への二塁打で無死二、三塁のピンチを迎える。続くデービスを一ゴロで1死としたが、ボートの二ゴロの間に三塁走者が帰って1失点。最後は、この日2安打を許していたラウリーを遊ゴロに仕留め、最少失点で切り抜けた。6回を97球(61ストライク)で投げ終えて降板した。

 初勝利に相応しい登板だったが、アスレチックス先発ブレグマンがそれを凌ぐ快投を披露。残念ながら、1勝目には届かなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/9(日) 11:27
Full-Count

スポーツナビ 野球情報