ここから本文です

DeNAドラ1濱口、7回途中に緊急降板もプロ初勝利 7安打1失点6Kの好投

4/9(日) 17:02配信

Full-Count

梶谷が6回に逆転2ラン&中堅・桑原はピンチで好返球

 DeNAのドラフト1位ルーキー、濱口遥大投手が9日の中日戦(ナゴヤドーム)で7回途中で緊急降板も、6回1/3を7安打6奪三振1失点(自責0)の好投でプロ初勝利を挙げた。

 濱口は最速150キロの直球にスライダー、チェンジアップを織り交ぜて好投。2回に堂上のタイムリーで1点を先制されたが、味方打線が5回まで1安打に抑えられる中で粘りの投球を続けた。すると、6回に梶谷が逆転2ラン。勝ち投手の権利を手にした。

 6回も1安打を許しながら無失点。しかし、7回1死二塁から代打・藤井を2ストライクと追い込んだところで篠原投手コーチがマウンドへ向かう。濱口はそのまま三塁ベンチへと引き下がり、砂田に交代となった。

 それでも、砂田は1球で藤井を空振り三振に仕留める。大島には中前打を浴びたものの、中堅・桑原の好返球で本塁生還を狙った二走・溝脇はアウト。濱口の勝利投手の権利を守った。

 DeNAは8回を須田、9回は守護神・山崎康とつないでリードを守り、2-1で勝利。緊急降板となった濱口にプロ2戦目で初勝利がついた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/9(日) 17:24
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 14:45