ここから本文です

2度の離婚と2度の婚約破棄、2度の超セレブ不倫を告白。華々しい活躍の裏で壮絶人生を送った紅白歌手とは

4/9(日) 19:10配信

E-TALENTBANK

7日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」で、NHK紅白歌合戦の出演歴を持つ歌手、黛ジュンが壮絶人生を告白した。

紅白出場4回、シングル総売り上げ550万枚以上、レコード大賞受賞などの華やかな経歴を持つ黛だが、私生活では離婚、婚約破棄を繰り返し、芸能界屈指の“恋多き女”として世間を騒がせていた。

そんな黛に真相を語ってもらうためスタッフは自宅を訪ねた。68歳となった黛は、若い頃の貯金で建てたマンションの管理人を務めており、自身も同マンションの2LDKの1室で暮らしていて現在は独身なのだそう。

黛は人生を清算するためすべての恋愛を告白するのだとして、2度の離婚、2度の婚約破棄、そして2度の不倫について赤裸々に語っていく。24歳でバツイチ、国際結婚では詐欺に遭うといった過去が明かされていき「大物政治家と愛人契約」と題したセレブ不倫の内容にはVTRを見ていたスタジオから驚きの声が上がった。

大物政治家X主催のパーティーに呼ばれたという黛は某ホテルの事務所に呼ばれ「好きなだけ持っていきなさい」といくつもの高級指輪の入った箱を見せられたのだそう。黛は真珠とダイヤ、合計1000万円相当の指輪を選び、そこから愛人契約がスタートしたのだという。

ファーストクラスで世界一周旅行をし、ミラノやパリの超一流のブランド品を惜しみなく与えられ、パーティーにも同席するといった超セレブ不倫を経験した黛だったが、鏡越しに自信を見ていたXの視線に突然「この目は嫌だ」と気持ちが冷め、ひとりパリから帰国した。

その後も1度会いに行くたびに50万円をくれた大富豪社長との不倫や、イタコのお告げで浮気を疑ってきた売れっ子作詞家との婚約破棄など、黛は自身の恋愛遍歴をあけすけに語っていった。VTRが終わり、真っ赤なドレスでスタジオに登場した黛だったが、不倫反対派のオリエンタルラジオ・中田敦彦は感想を聞かれると「燃え盛るファイヤーそのもの」と衣装になぞらえたコメントをしてスタジオを沸かせていた。

この放送にネットでは「黛ジュンさん面白いよ~~」「恋愛遍歴サイコーすぎる」「お付き合いしていた大物政治家って誰?」と多くの反響が寄せられている。

先日放送された別のトーク番組では、元モーニング娘。の矢口真里がスキャンダルで発生した違約金について語る場面があり、芸能人の不倫騒動は度々世間を騒がせるが、黛の恋愛遍歴はそれらを凌駕する波乱万丈な内容だった。

株式会社イータレントバンク

最終更新:4/9(日) 19:10
E-TALENTBANK