ここから本文です

エジルが欲しい…モウリーニョが“悪魔のささやき”、マンUでの再会を熱望か

4/9(日) 17:49配信

ゲキサカ

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルとの再会を熱望しているようだ。英『ミラー』が報じた。

 エジルは、モウリーニョ監督と同時期にレアル・マドリーに加入し、3シーズン指導を受けた。当時、モウリーニョ監督から絶大な信頼を寄せられていたエジルは、レアルで公式戦159試合に出場し27得点を記録。2013年夏にはアーセナルに移籍したが、契約は2018年6月までとなっており、契約延長の交渉がうまく進んでいないことから、今夏の移籍市場で売却される可能性が噂されている。

 当時から良好な師弟関係を築いていたとされるモウリーニョ監督とエジル。モウリーニョはアーセナルで憂き目に遭っている教え子を獲得しようとクラブに働きかけていると言われているが、プレミアリーグで再会を果たすことはできるのだろうか。ユナイテッドの移籍市場での動向に注目だ。

最終更新:4/9(日) 17:50
ゲキサカ