ここから本文です

色鮮やかつるし雛 風情漂う愛らしさ 柏崎・飯塚邸

4/10(月) 9:30配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 子どもの健やかな成長を願う「つるし雛(びな)」の展示イベントが、柏崎市新道の市史跡「飯塚邸」で行われている。豪農の館に飾られた色鮮やかなつるし雛が、来訪者の目を楽しませている。

 かしわざき振興財団が主催。半田地区の住民が作ったつるし雛を中心に約250点が展示されている。

 つるし雛は江戸時代、庶民が余った布などを使い、人形などを作ったのがルーツとされる。早く歩けるようにとの思いを込めた草履や、病気にならないように願って薬袋を再現したものなどさまざまだ。

 訪れた長岡市の会社役員(77)は「伝統的な建物に愛らしいつるし雛が飾られており、風情がある」と話した。

 5月7日まで(月曜休み)。310円(小中学生150円)。問い合わせは飯塚邸、0257(20)7120。