ここから本文です

武田真治、『めちゃイケ』時代のダメな自分許せた忌野清志郎さんの一言

2017/4/13(木) 12:10配信

THE PAGE

芸能界入り後、ぶち当たった大きな壁

 一流の人との出会いによって、自身を高めていくことができたという武田だったが、大きな壁にぶちあたったこともあったという。

 「芸能活動を始めてから割と早い時期でしたね。26~28歳ぐらいかな。顎関節症になって、体調がすぐれないなか、仕事をしなくてはいけなくなって……。今だったら適度な距離を置いて、前のめりで始めたわけではない仕事でも、自分なりのやり方を見つけて、最終的には納得できるものにしてやろうと思えるのですが、当時は「やらされていることから逃げないと潰れる」って危機感を感じたこともありました。だから『めちゃ×2イケてるッ!』があるときだけ飛行機で東京に戻って、あとは札幌に実家にいた時期もありました」

 非常に厳しい状況――。潰れそうになった武田を救ったのがある思考の変化だった。

 「自分の感性の物差しはすべて捨てました。こちらが100だと思っているのに、20しか評価されなかったらつらいじゃないですか。だから自分なんかゼロだと思うところから始めると20と言われても『ありがとうございます』みたいな」

故・忌野清志郎さんからの一言ですべてを捨てられた

 こうした考えに至ったのは、故・忌野清志郎さんとの出会いだったという。

 「清志郎さんのバンドに参加させていただいているとき、すでに体調も精神面も落ちている時期で、ライブでちょっとでもミスしたらどうしようって怯えながらステージに上がっていたんです。未経験者の完璧主義ほど恐ろしいものはないですからね。そんなとき、ツアーで、ライブのハイライトになる曲の演奏中に大きなミスをしてしまったんです」と苦笑いを浮かべて当時のことを語り出した武田。

 「ライブ後、移動中のバスで一番後ろに座っていた清志郎さんに謝りに行ったんです。バンドに加入したばかりでまだ清志郎さんとはそこまで親密ではなく、心の広い清志郎さんのイメージがなかった。尖りまくった稀代のロックスターとして接していたので、ナイフでも出されて『なめんなよ!』とか言われるのかなって震えていました。そうしたら『じゃあ、今日はリハーサル本番だったということで(笑)』って言うんです。その言葉を聞いて、なんというか、一気に自分のいろんなことを許せるようになったというか。あの忌野清志郎だって時間は巻き戻せない。でも考え方ひとつで前に進むことはできる。家に閉じこもって奥歯かみしめて、色々後悔して悩んでいる自分が馬鹿らしくなって、自分の持っていた物差しを捨てちゃおうって思えたんです」

 肩の力が抜け「完璧なんかには程遠い、だらしない自分を受け入れられるようになった」という武田。とは言いつつ、物事にストイックに取り組む姿勢が多くの人の共感を呼び、さまざまなジャンルで一流の人間と対峙するようになる。

 「僕の芸能生活、一流の人たちおよび、一流を目指してあくなき努力を続ける人たちと出会えたことが大きな財産です」と27年の芸能生活を笑顔で振り返ってくれた。

 そんな武田の最新ドラマが、『コードネームミラージュ』だ。今のテレビドラマ界では珍しい、完全オリジナル脚本、しかも2クールに渡って放送されるという力作。武田は物語のカギを握る謎の男として存在感を示しているが「本当にスケールが大きいドラマ。先が見えないオリジナル作品というのにも惹かれました。今の時代に起こり得るかも知れない裏社会の様相を思いつくままのアイデアを詰め込んで表現しようという姿勢がたまらないんです。25年ぐらい前に放送していた『NIGHT HEAD』に参加していた感覚みたい!」と期待に胸を膨らませていた。

(取材・文・写真:磯部正和)

連続ドラマ『コードネームミラージュ』は毎週金曜日、深夜1時23分よりテレビ東京ほかにて放送

2/2ページ

最終更新:2017/4/15(土) 5:41
THE PAGE