ここから本文です

持高調整の売り一服か、反転上昇期待される

4/10(月) 8:10配信

ZUU online

昨日一昨日と休日にも関わらず一日冴えない天気になり、お花見も盛り上がらなかったかもしれませんが、桜も満開となりようやく「春」という感じになって来ました。株式市場も日本市場だけがリスク回避に敏感になっているという感じですが、結局は世界中で「金余り」という状況になっているような感じでもあり、基調は強含みなのだと思います。

特にファンダメンタルズでのマイナス面が取りざたされているわけでもないのですが、雰囲気だけで売られているものが多いのではないかと思います。ここから決算発表なども始まって来ますが、為替水準も落ち着いて来ており、大きな流れとしては「良い方向に」向かうのではないかと思います。空売りの買い戻しなども期待され、売られ過ぎ銘柄の見直し買いなどで堅調な展開が期待されます。

週末の米国市場は冴えない展開に成りましたが、ミサイル攻撃の影響はほとんど見られず、為替も円高一服となったことなどから本日の日本市場も堅調な展開が期待されます。先週はリスク回避として売り急ぐ場面もあったのですが、欧米ではリスク回避の動きということが強まっているわけでもなく、いつものように日本だけが過剰反応したということでしょう。持高調整の売りも一服となって来るのではないかと思われ、反転上昇が期待されます。

18,500円~600円水準での底堅さが確認されそうです。今度は上値の節目となった感もある19,000円を目指すことになりそうです。オプションSQ(特別清算指数)算出を控えた週ということで持ち高調整の売り買いなどが見られると大きく動くこともありそうです。

■本日の投資戦略

週末の米国市場は大人しい動きとなり、相変わらず日本市場だけが地政学リスクやリスク回避の動きなどといって振り回されている感じです。足元の経済情勢は特に問題があるということでもなく、好調な決算が期待される銘柄なども多く、見直し買いも入って来るものと思います。

ここからは米国でも日本でも個別の企業業績動向などに反応して、指数で動かされるというよりは個々の動きになって来るのではないかと思います。今週はオプションSQ(特別清算指数)算出を控えていることから指数の動きが先行しそうですが、徐々に個々の業績動向などを気にする動きになると思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・アルゴナビス)、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メールマガジンも配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

最終更新:4/10(月) 8:10
ZUU online