ここから本文です

ソニー、紙の読み書きを追求したA4サイズのデジタルペーパー

アスキー 4/10(月) 20:30配信

ソニーは、電子文書をまるで紙のように読み書きできることを追求したデジタルペーパー「DPT-RP1」を6月5日から発売する。

 ソニーは4月10日、デジタルペーパー「DPT-RP1」を発表した。価格は8万6400円前後で、6月5日から発売する。
 
 重さおよそ349g、厚さおよそ5.9mmで、A4サイズ相当となる13.3インチ(1650×2200ドット)の高解像度電子ペーパーディスプレー搭載デジタル端末。電子文書を紙のように読み書きできることを追求した。
 
 内蔵メモリーにおよそ1万ファイルの電子文書をPDF形式で保存でき、大量の電子文書を手軽に持ち運べる。前機種のデジタルペーパー「DPT-S1」よりも軽量化し、ページ送り速度を最大およそ2倍に高めるなど、読みやすさを向上させたという。
 
 書き味は、新規に独自開発したノンスリップパネルを採用し、ペン先の滑りを抑え、適度な抵抗感を持たせて、より紙に近い書き心地を実現している。
 
 また、Wi-Fi/Bluetooth通信を備え、新たに提供するPCアプリケーション「Digital Paper App」を使って、パソコン間でのファイル転送や管理ができる。microUSB端子での有線接続通信も可能。
 
 さらに、アプリケーションの同期機能を使うと、デジタルペーパー内のフォルダーを、パソコンのローカルフォルダーやクラウドストレージ、ファイルサーバーなどと連携。パソコンを中心とした業務や学習の中に、手書きのドキュメントを取り込める。
 
 また、パソコンの印刷メニューからプリンターとして「デジタルペーパー」を選択すると、さまざまなファイル形式のドキュメントやメール、ウェブ画面を自動でPDFファイルに変換し、デジタルペーパーに「印刷(ファイルを転送)」できる。
 
 また、デジタルペーパーをユーザーのシステムに連携させ、ニーズに合わせて使える「デジタルペーパー連携サーバーソフトウェア」を有償で提供。WebAPIを利用して業務システムとデジタルペーパーの連携開発が可能。
 
 紙で運用されていた業務をペーパーレスでできるほか、高いセキュリティーでのドキュメントの効率的な管理が実現するという。また、このソフトウェアを利用し、複数のデジタルペーパーに対し、帳票やドキュメントの送付、回収といった管理、制御ができる。
 
 
文● ラッキー橋本/ASCII

最終更新:4/13(木) 8:13

アスキー