ここから本文です

雨粒にキラリ、満開の春 カメラマンが捉えた桜の一瞬

朝日新聞デジタル 4/10(月) 14:19配信

 春の訪れが足踏みをして、ずいぶん気を持たせた桜が、ようやく見ごろを迎えた。ソメイヨシノなど約3千本の桜が咲き誇る大阪城公園(大阪市中央区)。しかし週末、待ちかねた花見客の心に水を差すかのように、ぐずついた天候になった。

【写真】雨粒の中に映り込んだ満開の桜=大阪市中央区、内田光撮影(100ミリマクロ、絞りf6.3、640分の1秒、ISO2500)

 恨めしい雨。だが、そんな日にしか見られない光景もある。花びらについた雨粒に目をこらすと、その中には満開の桜や、城の天守閣が映り込んでいた。雨粒の数だけ、小さな春を見つけることができる。

     ◇

 時間や天候、見る角度によって桜は様々な表情を見せます。桜の美しい瞬間を、カメラマンが探しました。(内田光)

朝日新聞社

最終更新:4/19(水) 12:15

朝日新聞デジタル