ここから本文です

ソフトB川崎の一軍昇格Xデーはいつ? 本人は慎重な姿勢

東スポWeb 4/10(月) 21:57配信

 ソフトバンクの川崎宗則内野手(35=前カブス)が11日からウエスタン・リーグの阪神戦(鳴尾浜)に臨むが、二軍での調整はいつまで続くのか。メジャーでもリリースされる直前まで試合に出場していただけに、コンディションの面では早期の一軍昇格も不可能ではない。首脳陣からも“ゴーサイン”のタイミングは任されている。

 直近の一軍のホームゲームは、14日からのオリックス3連戦になる。本拠地ヤフオクドームで2試合を行った後は、川崎の地元・鹿児島に移動して試合を行う。復帰試合としては最適のカードだ。

 ただ、川崎本人は、あくまで“完全体”での一軍合流を考えているようだ。現在の手応えについて「そこ(ヤフオクドーム→鹿児島)があるから、そこにいけたら良かったけどね。それが完璧な流れでしたが、なかなか難しい」と話した。

 米球界から日本球界に戻ってきたばかり。打撃フォームの調整や、体に負担のかかる人工芝への適応も図っている。「ちょっと長くかかりそう」とも話す。チームのためにも万全の準備を整えてから殴り込みをかけるつもりのようだ。

 もちろん、周囲の期待も分かっている。できる限り早いに越したことはない。「早く一軍に合流できるように頑張りたい」と張り切っている。

最終更新:4/10(月) 22:09

東スポWeb