ここから本文です

浅田真央、ブログで現役引退発表 「気力なくなりました」 昨年の全日本選手権で決意

デイリースポーツ 4/10(月) 23:00配信

 フィギュアスケート女子の2010年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央(26)が10日、自身のブログを更新し、「選手として続ける気力もなくなりました」と、現役引退を発表した。近日中に会見する予定。

【写真】真央の涙に世界も泣いた…ソチ五輪、演技終了後

 真央は、まず「ご報告致します。突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終えることを決断致しました」と引退を表明。さらに「今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います」とファンの後押しに感謝した。

 バンクーバー五輪で銀メダルを獲得。しかし、競技生活の集大成として臨んだ14年ソチ五輪は、まさかの6位。その後は引退と現役続行で「ハーフハーフ」と悩みながら、最終的に現役を続行を選択。しかし「復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました」という。

 それでも18年平昌五輪を目指しての競技生活が続いていたが、16年12月の全日本選手権で12位と低迷。この結果を受けて「それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」と、引退を決意したと明かした。

 「私のフィギュアスケート人生に悔いはありません」と現役生活を振り返った真央は「皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました」と、ファンへの感謝で締めくくった。

最終更新:4/11(火) 13:23

デイリースポーツ