ここから本文です

真央引退、人気の一因となった悲劇性 五輪での失速、最愛の母との別れ…

デイリースポーツ 4/11(火) 0:27配信

 フィギュアスケートの元世界女王の浅田真央(26)=中京大=が10日、自身のブログを更新し、現役引退を発表した。五輪金メダルの夢には届かなかった真央だが、その悲劇性も列島を感動させる要因のひとつとなった。

【写真】母の一周忌前に…GPファイナルを制した浅田真央

 代名詞のトリプルアクセルを武器に全日本選手権で2位となった05-06シーズン。国民からはトリノ五輪出場を願う声が噴出したが、年齢規定のためにリンクに立つことはできず。五輪本番では、全日本で3位に終わった荒川静香が五輪で金メダルに輝いた。

 日本中が金メダルを期待した10年バンクーバー五輪は、ライバルのキム・ヨナ(韓国)に屈して銀メダル。しかし、五輪の大舞台で3度成功させたトリプルアクセルは、金メダル級の感動を呼んだ。

 11年12月には、最愛の母・匡子さん(享年48)が死去。それでも真央は、直後に行われた全日本選手権に強行出場して見事に優勝し「母も…喜んでくれていると思います」と、ファンの涙を誘った。

 競技生活の集大成として臨んだ14年ソチ五輪は、SP16位と大きく出遅れ。しかし、フリーでは完璧な演技で巻き返して6位入賞を果たし、涙。記録以上にファンの記憶に残るフィギュア界の女王だった。

最終更新:4/11(火) 0:57

デイリースポーツ