ここから本文です

【巨人】ドラ2右腕・畠、右肘手術から完全復活へ 155キロ実戦デビュー

スポーツ報知 4/11(火) 14:02配信

 巨人のドラフト2位右腕・畠世周投手(22)=近大=が、衝撃デビューからの飛躍を誓った。

【写真】ガッツポーズするドラフト3位のルーキー、谷岡

 2日に3軍―オリックス2軍の交流戦(舞洲)で先発登板。プロ初の実戦デビューは、2回4安打無失点で、球場表示で155キロが出るなど、話題を呼んだ。それでも4安打を反省。「全然良くなかった。直すところはたくさんあります」と前を向いた。

 150キロ台の直球を連発したが、課題を痛感した。「力が入ってしまって」。思いっきり腕を振り、速球を繰り出せた。だが阿波野3軍投手コーチも「球にばらつきがあったので修正していかないと」というように制球面で課題を残した。

 近大4年の秋に右肘遊離軟骨の痛みを発症し、ドラフト会議後に手術を受けた。新人合同自主トレでは、ノースロー調整を行いキャンプは3軍で過ごした。宮崎での2次キャンプではブルペン入りし、帰京後はフリー打撃登板などをこなし、順調に回復させてきた。

 今後は、投球回を延ばしながら、2軍、1軍への昇格を目指していく。「スタートを切れたのは良かったです。速さはいいので、全体的にもっと直していきたい」。あと一歩に迫った完全復活に向け、気を引き締めた。(原島 海)

最終更新:4/11(火) 22:43

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(月) 1:00