ここから本文です

ジャスティン・ビーバーもファンを公言! 注目デュオ、ザ・チェインスモーカーズとは?

4/10(月) 16:19配信

トレンドニュース(GYAO)

DJ兼プロデューサー・デュオ、ザ・チェインスモーカーズが最新アルバム『メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン』を4月7日にリリース。ジャスティン・ビーバーにも気に入られた人気の秘密とは?

楽曲再生12億回/動画再生15億回を突破!「クローサー feat.ホールジー」ミュージックビデオ>>

■ジャスティンもライブ共演するほどお気に入り!

ザ・チェインスモーカーズは、ドリュー・タガートとアレックス・ポールの2人組。立て続けにヒットを飛ばしている大注目のデュオだ。人気歌手のジャスティン・ビーバーも彼らのファンを公言しており、過去には彼らのロサンゼルス公演に飛び入り出演して話題を呼んだ。

エレクトリックなサウンドが特徴で、昨年リリースされたシングル曲「クローサー feat.ホールジー」は、全米チャートで2016年の最長記録となるシングルチャート12週連続1位という記録的なヒットを飛ばした。元カップルがホテルのバーで再会を果たしたひと時について歌われており、MVではドリューとホールジーが、ベッドの上でセクシーに抱き合う回想シーンもある。

この曲の他に、女性シンガーをフィーチャリングした「ドント・レット・ミー・ダウン feat.デイヤ」や「ローゼズ feat.ロゼス」も全米チャートでは長期に渡ってランクイン。ミドルテンポのビートとハスキーで透明感のある女性ボーカルとの相性は抜群で、ポップス好きもクラブミュージック好きもトリコにしている。

これらの楽曲は、映像配信サービス「GYAO!」でも配信中。最新曲となる英ロックバンド・コールドプレイとのコラボ曲「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」は、世界初披露となった英音楽授賞式「ブリット・アワード」でのパフォーマンス映像も「GYAO!」で配信している。

■グラミー栄冠でさらに貫禄増す

第59回グラミー賞では主要部門を含む計3部門で初ノミネートされて、「ドント・レット・ミー・ダウン feat.デイヤ」が「最優秀ダンス・レコーディング」を受賞。昨年は、東京・大阪開催の音楽フェス「サマーソニック2016」にも初出演を果たしているが、最新アルバムを引っさげて、グラミー受賞の貫禄も加わった彼らの再来日公演も待たれるところだ。

(文/谷本美花@HEW)