ここから本文です

【酒ソムリエおすすめ】ついつい飲み過ぎちゃう日本酒3選

4/10(月) 20:00配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組、4月10日(月)の生放送はたかみなに代わって上原多香子さんがパーソナリティを担当。酒ソムリエの赤星慶太さんをお招きし、日本酒について話を伺いました。

麻布十番の日本酒バー「赤星とくまがい」で酒ソムリエをしている赤星さん。同店では、お酒と料理の組み合わせ=ペアリングに特化し、約350銘柄の日本酒を料理とともに提供しているそうです。

そんな赤星さんが今、特にオススメしている日本酒は「ぷちぷち スパークリング日本酒」「ねね 純米酒」「吉野杉の樽酒」の3銘柄。

「プチプチ スパークリング日本酒」について、赤星さんは「こちらはアルコール度数8パーセントほどで、ヨーグルトを思わせる風味と味わいが特長です。若干冷やした常温に近い温度で飲むのが良いですね」と解説。少し甘みのある日本酒には塩気のある「生ハム サラミ盛り合わせ」が好相性だそうで、料理とともに「プチプチ スパークリング日本酒」を飲んだ上原さんは「(お酒が)進んじゃう。お酒が苦手な方でも大丈夫そう。これ飲み過ぎて大変なことになるやつですよね(笑)」と話していました。

続いてオススメしていたのは、アルコール度数13パーセント、石川県の輪島で作られている「ねね 純米酒」。和三盆を思わせる甘みが特長ということもあり、イチゴとモッツァレラチーズを用いた「フワトロチーズとイチゴのカプレーゼ」と合わせて食べるのがオススメだとか。ほかにも栗きんとんなどの和菓子(!)や、ぬる燗にしてお茶漬けと一緒に飲むのも良いそうです。

そして赤星さんが特にオススメしていたのが樹齢80年の吉野杉で3週間ほど寝かしたお酒「吉野杉の樽酒」。東京には月に1頭しか入ってこないという貴重なあか牛の肉を用いた「熊本産 牛肉のカルパッチョ」との相性に、上原さんは「赤身肉とすごく合いますね。かなり辛口でパンチがあって、“日本酒を飲んでる”って感じがします。すごく好きです」と絶賛していました。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2017年4月10日放送より)

最終更新:4/10(月) 20:00
TOKYO FM+