ここから本文です

声優・緒方恵美、新譜『real/dummy』ハイレゾ試聴イベント開催!

4/10(月) 19:54配信

Stereo Sound ONLINE

アルバム制作秘話が語られたほか、本邦初披露曲も

 アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジ役や、『ダンガンロンパ The Animation』苗木誠役などで知られる人気声優、緒方恵美さん。緒方さんは歌手としても活躍しており、先日12枚目のアルバム『real/dummy』をハイレゾとCDでリリースしたばかり。

 3月29日、東京・八重洲のGibson Brands Showroom Tokyoにて、本アルバムの聴きどころや制作秘話を語る「緒方恵美ハイレゾ試聴&トークイベント」が開催された。抽選で選ばれたラッキーなファンのためだけに催された貴重なイベントの様子をお伝えしよう。

 会場はGibson Brands Showroom Tokyo 2階のPremium Sound Lab。イベントには緒方恵美さんと、所属レーベル ランティスのプロデューサー佐藤純之介さんが登場。冒頭緒方さんが「今日のアシスタントを務める、新人声優の緒方恵美です!」と挨拶し、場内は大爆笑に包まれた。

 イベントは『real/dummy High Edition』の全収録曲を1曲ずつ、聴きどころのパートを試聴した上でトークという形式で進められた。

 本アルバムの制作にあたっては、「緒方さんの声をリアルに伝えるために録音方法をいちから見直した」(佐藤さん)という。その結果、低域の豊かさが再現できたほか、低いトーンの中にも含まれるサシスセソの音やブレスの高域成分により、明瞭感もあるヴォーカル表現が実現。

 佐藤さんは「以前はCDのフォーマットに収めるため、泣く泣くカットしていた音成分がハイレゾなら入る。ようやく時代が緒方さんに追いついたんです!」と熱く語る。

 緒方さんは「自分は声の音域が広く、倍音成分も多いのですが、ハイレゾではその様子がしっかり伝わります。歌が100倍上手くなったように聴こえるので私自身もビックリしました」とコメントした。

 佐藤さんによると、同曲の録音自体はハイレゾではなかったが、「完成度・満足度の高い自信作」なのだそうだ。今回のハイレゾ化にあたっては「ミックスダウンの前の段階から作り直した」そうで、「『real/dummy』の延長線上のサウンドに仕上げたのでぜひ聴いて欲しい」と音の良さへの自信をのぞかせた。「progressive -漸進-」は4月12日の午前0時からe-onkyo musicなどで配信される。

 なお、小社刊「Digi Fi」最新号No.25にて、緒方さんのインタビューを掲載。イベントでは語られなかった『real/dummy』の聴きどころも紹介しているので、ぜひご一読いただきたい。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:4/10(月) 19:54
Stereo Sound ONLINE