ここから本文です

ゼンハイザーのヘッドホンHD650用リケーブル、オヤイデから

4/10(月) 20:01配信

Stereo Sound ONLINE

国内パーツを使い、国内製造にこだわった

 オヤイデ電気から、ゼンハイザーの定番ヘッドホンHD650用利リケーブルが登場した。3.5mmステレオミニ端子を採用した「HPC-35HDX V2」と6.3mmフォーン端子の「HPC-63HDX V2」で、いずれもケーブル長が1.3mと2.5mをラインナップする。発売日は4月14日で、各モデルの価格は下記の通り。

■HPC-35HDX V2シリーズ(3.5mmステレオミニ端子)
・HPC-35HDX V2 1.3m:7500(税別)
・HPC-35HDX V2 2.5m:8700(税別)

■HPC-63HDX V2シリーズ(6.3mmフォーン端子)
・HPC-63HDX V2 1.3m:8000円(税別)
・HPC-63HDX V2 2.5m:9200円(税別)

 同社ではHD650用ケーブルをこれまでも展開しており、本製品は2011年の「HPC-HD」シリーズ、2012年に発売された後継機「HPC-HDX」に続く3代目。「JAPAN MADE」にこだわり、オヤイデオリジナルとなる日本製パーツを用い、国内で製造されている。

 導体にはオヤイデ電気が開発、販売する精密導体「102 SSC」を採用。これは銅の中でもリサイクル銅をいっさい含まないバージン銅だけを使い、特許済みという独自技術「高密度異径導体 3E 撚り構造」で撚り上げたというもの。これをフッ素樹脂の絶縁体と銀メッキOFCのシールドで覆っている。

 ヘッドホン側のコネクターは独自製造で嵌合性に優れるという。さらに、3.5mmと6.3mmのプラグには、腐食に強い銀/ロジウムメッキを施す。

 なお、HD650用をうたうが、同じ端子を採用するゼンハイザーのヘッドホンHD600、HD580、HD565、HD545、HD525、HD25SP-II、HD25LIGHTなどでも利用できる。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:4/10(月) 20:01
Stereo Sound ONLINE