ここから本文です

新井、阿部、岩瀬らベテランが輝き…17年シーズン第2週の投打5傑【セ編】

4/10(月) 14:34配信

Full-Count

セ・リーグ第2週の成績を振り返る

 プロ野球の2017年シーズンも2週目に入り、チームの好不調がはっきりし出した。先発ローテーション投手もすべて顔見せが終了。今週はベテランの活躍が目立った。

今年は開幕からルーキーも多数活躍中、過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

○NPB第2週(4/4-4/9)のチーム成績
チーム 試 勝 敗 分  勝率
広島  6  5 0 1  1.000
巨人  5  3 2 0  0.600
阪神  5  3 2 0  0.600
DeNA  6  2 3 1  0.400
中日  6  1 3 2  0.250
ヤクルト6  1 5 0  0.167
    34  15 15 4

 第2週の勝敗では広島が5勝1分けと負けなし。巨人、阪神も勝ち越したが、中日、ヤクルトは1勝しかできなかった。

【打者5傑】

○安打
大島洋平(中)13
ビシエド(中)12
田中広輔(広)10
新井貴浩(広)9
梶谷隆幸(De)9

○本塁打
梶谷隆幸(De)2
エルドレッド(広)2
糸井嘉男(神)2
阿部慎之助(巨)2
北條史也(神)2

○打点
梶谷隆幸(De)6
エルドレッド(広)6
糸井嘉男(神)5
阿部慎之助(巨)5
新井貴浩(広)5

○盗塁
梶谷隆幸(De)3
安部友裕(広)3
大島洋平(中)2
ビシエド(中)2
他12人    1

○打率(規定打席以上)
大島洋平(中).481
ビシエド(中).462
新井貴浩(広).429
鳥谷敬(神).421
田中広輔(広).417

○RC(Run Create)打者の総合指標安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
大島洋平(中)8.85
ビシエド(中)6.63
田中広輔(広)5.79
梶谷隆幸(De)5.69
新井貴浩(広)5.56

 チームが不振の中で中日の大島とビシエドが奮闘。DeNAの梶谷は、もともと固め打ちの多い打者だが、本塁打、打点の2冠王。ベテランの新井貴浩も好調だ。

投手は…

【投手5傑】
○勝利
岡田明丈(広)1
加藤拓也(広)1
九里亜蓮(広)1
野村祐輔(広)1
薮田和樹(広)1
内海哲也(巨)1
菅野智之(巨)1
マイコラス(巨)1
クライン(De)1
パットン(De)1
濱口遥大(De)1
桑原謙太朗(神)1
藤川球児(神)1
マテオ(神)1
ブキャナン(ヤ)1
又吉克樹(中)1

○セーブ
カミネロ(巨)3
山崎康晃(De)2
ドリス(神)2
ジャクソン(広)1
中崎翔太(広)1
ブレイシア(広)1
秋吉亮(ヤ)1
田島慎二(中)1

○ホールド
砂田毅樹(De)3
岩瀬仁紀(中)3
ジャクソン(広)2
パットン(De)2
マテオ(神)2
マシソン(巨)2
須田幸太(De)2
三上朋也(De)2
祖父江大輔(中)2
三ツ間卓也(中)2

○奪三振
クライン(De)10
岡田明丈(広)9
石田健大(De)9
岩貞祐太(神)9
小川泰弘(ヤ)9
若松駿太(中)9

○防御率(規定投球回数以上)
大瀬良大地(広)0.00
濱口遥大(De)0.00
マテオ(神)0.00
岡田明丈(広)1.08
加藤拓也(広)1.08

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
又吉克樹(中)20.53
濱口遥大(De)17.73
大瀬良大地(広)16.80
岡田明丈(広)14.33
加藤拓也(広)14.33

 リーグ防御率は2.80。先発ではDeNAの濱口が6.1回を零封。広島の大瀬良も6回を零封。救援陣では、澤村に代わって巨人のクローザーになったカミネロが3セーブ。通算では早くも4セーブ目だ。NPBセーブ記録を持つ中日の42歳・岩瀬は3ホールド。同じく中日の又吉はロングリリーフ2試合で、7.1回を零封した。

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

最終更新:4/10(月) 14:35
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 22:30