ここから本文です

ハム大谷翔平、相次ぐアクシデント…今度はインフルエンザB型発症

Full-Count 4/10(月) 14:46配信

左太もも肉離れに続きインフルエンザB型発症、都内の病院で診断

 日本ハムは10日、大谷翔平投手が同日、都内の病院で診察を受け、インフルエンザB型と診断されたと発表した。同日中に鎌ヶ谷のファーム施設に移動する予定だったが、勇翔寮には入らず、都内滞在に変更となった。

各球団発表の2016年~2017年の引退、戦力外、補強、移籍一覧

 今後は熱が下がってから2日後までは静養し、状態をみながら鎌ヶ谷のファーム施設に移動する予定。

 右足首の負傷によりWBCを辞退していた大谷はシーズン開幕後、野手に専念していたが、今月8日のオリックス戦の走塁で左太もも裏を負傷。左大腿二頭筋の肉離れと診断され、実戦復帰までは4週間を要する見通しとなっていた。海外からも熱視線が送られている二刀流右腕にアクシデントが相次ぐ事態となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/10(月) 15:50

Full-Count