ここから本文です

ナポリがUCL出場権獲得に前進! 指揮官が称えた“ラツィオ撃破”の原動力とは!?

4/10(月) 19:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「多くの確信に満ち溢れたチーム」

現地時間9日にセリエA第31節が行われ、同リーグ3位のナポリが4位のラツィオに3-0で勝利した。

同クラブを率いるマウリツィオ・サッリ監督はクラブ公式Twitterのコメントで、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(以下UCL)出場権を争うラツィオとの直接対決を制したことについて、満足感を示している。

「我々は若い選手が揃うチームでありながら、確固たるアイデンティティーと多くの確信に満ち溢れたチームに成長した。特に(ロレンツォ・)インシーニェはこのリーグ屈指の逸材と言っても過言ではないし、(マレク・)ハムシクのプレイも素晴らしい。今シーズンはより多くの問題に直面しているけれど、(今の段階で)昨シーズンと同じくらいの勝ち点を獲得できているから、満足しているよ」

自陣で守りを固めるラツィオに対し、3バックの両脇のスペースを果敢に突いてチャンスを作ったナポリ。ホセ・カジェホン、ドリース・メルテンス、ロレンツォ・インシーニェの強力3トップの流動的なポジションチェンジや、マレク・ハムシクの敵陣深くまで切り込むドリブルは終始ラツィオの脅威となり続け、カジェホンの先制点とインシーニェの2得点で快勝を収めた。今季のUCL決勝トーナメント1回戦ではレアル・マドリードを相手に2試合連続で先制点を奪うなど、更なる躍進を予感させる同クラブだが、サッリ監督はチームを高みへと導けるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/