ここから本文です

『クリミナル・マインド』、シーズン13の制作決定

4/10(月) 16:10配信

クランクイン!

 2005年から米CBS局で放送が始まった人気海外ドラマ『クリミナル・マインド』。2016年に始まったシーズン12 は、全米屈指の凶悪犯罪事件を解決するFBI行動分析課「BAU」の中心的な捜査官だったアーロン・ホッチナー(トーマス・ギブソン)とデレク・モーガン(ジェアー・ムーア)不在でドラマの先行きを不安視する声もあったが、めでたくシーズン13の制作が決まったという。TV Lineが伝えた。

【関連】『クリミナル・マインド』シーズン11フォトギャラリー


 シーズン12では海外ドラマ『CSI:マイアミ』の俳優アダム・ロドリゲスがルーク・アルヴェス役でBAUメンバーに加わり、シリーズのオリジナルキャストだったエミリー・プレンティス役のパジェット・ブリュースターがレギュラーキャストに返り咲いた。しかし平均視聴者数がシーズン11より17%減の750万人となり、苦戦を強いられたという。

 3月にCBS局が発表した一連のシーズン更新ドラマの中に、『クリミナル・マインド』のタイトルがなかったことから継続が危ぶまれていたが、ひとまずファンにとっては胸をなで下ろす状況になり何よりだ。シーズン13ではどんなテコ入れがあるのか、長寿ドラマの今後の展開を楽しみにしたい。

 シーズン12は現在、シーズンフィナーレ前の放送休止に入っており、今月26日(現地時間)から残り3話の放送が始まる。シーズン13の放送時期は未定。

最終更新:4/10(月) 16:10
クランクイン!