ここから本文です

辺野古新基地:座り込みを排除、車両35台が基地内へ

4/10(月) 13:05配信

沖縄タイムス

 名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事用ゲート前で10日午前、機動隊が新基地建設に反対して座り込む市民約60人を排除し、ミキサー車など工事用車両約35台が基地内に入った。プレハブ小屋や仮設トイレを積んだ車両も確認できた。

 メインゲート前では市民約20人が複数回、基地を出入りする米軍車両に立ちはだかり、機動隊に排除された。プラカードを掲げ、「NO BASE」「NO WAR」と声を上げた。米軍のシリア空爆の新聞記事を掲げて抗議する人もいた。

 海上は波が高く、目立った作業はない。

最終更新:4/10(月) 13:05
沖縄タイムス