ここから本文です

【特集】進化する豆乳 空前のブーム

毎日放送 4/10(月) 15:02配信

国内の豆乳市場はここ6年連続で売上げ過去最高を記録しています。消費者が気づかないうちに、豆乳の味も日々進化していました。

過去最高の売上げに

「甘い、おいしいですね。砂糖も入っていますか?」(辻憲太郎解説委員)
「そうですね、お砂糖やお塩で味を調えているのがこちらの商品です」(キッコーマン飲料 荻生康成さん)
「味を調えているから調整豆乳なんですね」

去年1年で売れた豆乳の量は31万4000トン。6年連続で過去最高を更新しています。なぜ豆乳を飲む人が増えたのか?街で聞いてみると…

Q.豆乳飲みますか?(記者)
「飲みますよ。ジムに通っていて、(運動後)30分以内に豆乳を飲むと回復に良いとジムで聞いた」(女性)
「料理に使ったりします」(女性)
Q.どのような料理?
「お鍋とか、豆乳鍋とか。体に良いから」
「健康飲料」としてすっかり定着した豆乳。売り場はどうなっているのでしょうか。

「こちらに豆乳売り場があるということなのですが、ありました。たくさん豆乳が並んでいます」(吉田圭吾記者リポート)

スーパーの売り場には、約30種類もの豆乳が並んでいました。

「当社では去年に比べて1割ほど伸びてきております。味の付いた調製豆乳は人気なのですが、最近では豆のおいしさがわかる無調整豆乳の需要が伸びている」(阪急オアシス 中村和弥さん)

砂糖などで味付けした「調製豆乳」よりも売行きが良いという「無調整」とは、どんなものなのか飲んでみました。

「大豆をそのまま口に含んでいるような、香ばしい香りがファッと広がりますね」(辻憲太郎解説委員)

Q.無添加で大豆と水だけ?
「そうですね。どうしても大豆の嫌な味が大豆に含まれているので除去した」(キッコーマン飲料 荻生康成さん)

大豆の臭みをいかに消すか。各メーカーがしのぎを削った結果、大豆と水だけで作った「無調整」でもおいしく飲めるようになったのです。

1/2ページ

最終更新:5/25(木) 15:43

毎日放送