ここから本文です

米警察、追跡用パトカーにハイブリッドカー導入

4/10(月) 18:48配信

carview!

米フォードの試算によれば、パトカーがハイブリッド化すると1台につき年間数十万円のコスト削減効果が見込めるという。これは、ロサンゼルスおよびニューヨークで発表予定のハイブリッドパトカー「フォード ポリス レスポンダー」のアピールのためにフォードが打ち出したセールスポイント。ハイブリッドカーの普及が進むなか警察車両としてのハイブリッド導入例はまだ少ないが、フォード製のハイブリッドパトカーがデビューを控えている。

【写真をもっと見る】

フォードが明らかにした「フォード ポリス レスポンダー」の燃費は38mpg(=16.2km/L)。これは現在パトカーとして導入されている3.7リッターV6搭載の「ポリス インターセプター」(18mpg/7.7km/L)の2倍以上に相当する。

パトカーが1日2シフト(16時間)稼働し、1シフトあたりのアイドリング時間を4.9時間、年間走行距離2万マイル(3.2万km)で試算すると、既存車とハイブリッド仕様の燃費の差は年間3900ドル(約43万円)におよぶという。この差は大きい。

「フォード ポリス レスポンダー」のウリは、燃費の良さだけじゃない。「追跡車両」として導入される業界初のハイブリッドカーであることもフォードの自慢。パトカーの役割は移動用から追跡までいろいろだが、「フォード ポリス レスポンダー」は第一線の性能が求められる追跡用としても使用される予定という。エンジンはアトキンソンサイクルの2リッターエンジンにモーターを組み合わせたもの。モーター走行も可能でその状態で最高96km/Lまで出るという。

なお「フォード ポリス レスポンダー」の警察への導入は2018年夏以降が予定されている。

株式会社カービュー

最終更新:4/10(月) 18:48
carview!