ここから本文です

新レーベル「きょうRECORDS」が始動 “ネオ電子音響アンビエント”シリーズ2作を発表

4/11(火) 18:48配信

CDジャーナル

新レーベル「きょうRECORDS」が始動 “ネオ電子音響アンビエント”シリーズ2作を発表

新レーベル「きょうRECORDS」が始動 “ネオ電子音響アンビエント”シリーズ2作を発表

 電子音響音楽作家として国内外で幅広く活動している石上和也(NEUS-318)が、新たな音楽レーベル「きょうRECORDS」を設立。石上自身の最新作『Canceller X』と、電子楽器を解体して自作したという“バグシンセ(Bugsynthesizer)”を操る中田 粥の初ソロ・アルバム『A circuit not turning』の2作を4月16日(日)に発売します。

 きょうRECORDS初のリリースとして発表される上記2タイトルは、どちらも“ネオ電子音響アンビエント”と題したシリーズ作品。ノイズを通して、自らの音楽性をより拡張していく気概に満ちた内容となっています。なお本シリーズは今後も継続され、鳥取在住のノイズ音楽家ELMA、ウクライナ・ハルキウで活動するDao De Noize、ベーシスト /
 即興演奏家・宮本 隆(時弦プロダクション)、YUKAといったアーティストのリリースを予定。

最終更新:4/11(火) 18:48
CDジャーナル