ここから本文です

東芝、決算発表を強行 監査承認なしに「誰のための公表なのか」

J-CASTニュース 4/11(火) 19:07配信

 深刻な経営難に陥っている東芝は2017年4月11日、2度にわたり延期していた16年4~12月期連結決算を発表した。

 東芝の会計をチェックしているPwCあらた監査法人から「適正」の承認を得ないまま、「結論不表明」として発表。監査法人の承認という「信頼性」が担保されないまま決算発表を強行するという、極めて異例の事態となった。

■投資家「絶望的。この会社に未来はない」

 決算発表の3度目の延期か、強行か――。東芝の経営陣は2017年4月11日、16年4~12月期決算の発表を「強行」した。2度の延期でこの日が決算書の提出期限だった東芝は、PwCあらた監査法人とのあいだで、ぎりぎりの調整を進めていた。

 早朝から会議を開いたが、結局、PwCあらた監査法人からの「お墨付き」は得ないまま。東芝は、PwC監査法人から「結論を表明しない旨の四半期レビューを受領した」と発表した。

 東芝の2016年4~12月期連結決算によると、最終損益は5325億円の赤字(前年同期は4794億円の赤字)。売上高が前年同期比4%減の3兆8468億円、本業のもうけを示す営業損益は5762億円の赤字(前年同期は2319億円の赤字)だった。

 17年3月期通期の業績予想については「未定」。また、自己資本は16年12月末時点で2256億円のマイナスとなり、債務超過に陥った。

 延期に延期を重ねたあげく、「3度目の延期」「上場廃止」の不安を抱えたまま4月11日を迎えた東芝。その株価は、朝から決算発表前のリスク回避売りが先行。一時は、前日比15円20銭(6.62%)安の214円50銭まで急落した。

 その後、監査法人の承認を得ないままではあるが、決算発表を開くとの情報が広がると、やや持ち直し、終値は前日比6円20銭(2.70%)安の223円50銭で引けた。

 こうした状況に、釈然としない個人投資家らだろうか、インターネットの掲示板には、

  「もうどんな数字が出てきても驚かない自信があるよ」
  「東芝の経営陣たちは、自分たちの億単位の退職金を稼ぐために、入社以来一番働いてる」
  「こんなんありなのかよ。なんのための監査だよ」
  「きっちり倒産させないと、市場が正しい方向に向かっていかない。そのことだけは確かだ」
  「経営姿勢の問題。はっきり言って絶望的。この会社に未来はない」

などと、怒りを隠さない。

1/2ページ

最終更新:4/11(火) 19:33

J-CASTニュース