ここから本文です

スチャダラパーが“備え”をラップ 電通と共同制作した防災ソング「その日その時」を公開

CDジャーナル 4/11(火) 18:48配信

 EGO-WRAPPIN'をゲストに迎えて東京・日比谷野外大音楽堂で開催するライヴ〈スチャダラパーライブ 2017年 野音の旅〉を4月15日(火)に控えるラップグループ、スチャダラパーが、株式会社電通の社内プロジェクト「+ソナエ・プロジェクト」と共同で、防災ソング「その日その時」を制作。Youtubeにて公開しています。

 監督を山岸聖太が務め、メンバーが出演するこの映像は、昭和のテレビドラマ感あふれる内容。楽曲はスチャダラパーのラップに合わせ、自然災害に対する備蓄の意識を高め、適切な行動が取れるように促すもの。“やらなきゃ”という気持ちを奮い立たせてくれる一曲となっています。同曲は今後、防災関連のイベントやウェブサイトなどで活用される予定とのこと。

 なお「その日その時」は、15日の日比谷野外大音楽堂公演で会場限定販売される新作CD『セブンティーンEP』にも収録されます。

最終更新:4/11(火) 18:48

CDジャーナル