ここから本文です

小栗旬&西島秀俊、“規格外”圧巻アクションで冒頭から大事件!「CRISIS」今夜

4/11(火) 18:00配信

cinemacafe.net

小栗旬と西島秀俊が民放連続ドラマで初共演し、国家の危機に立ち向かう公安機動捜査隊特捜班の活躍を描く「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」が4月11日(火)今夜から放送スタート。冒頭開始16分35秒から息もつかせぬアクションが展開する第1話の見どころは!?

【写真】小栗旬&西島秀俊/「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第1話

直木賞作家、金城一紀が原案・脚本を担当し、小栗さんと西島さんをはじめ、田中哲司、野間口徹、新木優子、石田ゆり子、飯田基祐、眞島秀和、長塚京三といったキャストが共演。物語は主人公の稲見朗(小栗さん)や田丸三郎(西島さん)が所属する各分野のスペシャリストが結集した警察庁警備局長直轄の秘密部隊・公安機動捜査隊特捜班が、国家転覆をたくらむテロリストや新興宗教団体、軍事スパイ、麻薬密売組織、そして本来国民を守るべき政治家たちまで…うごめく巨悪と政治的な思惑とが絡まり合う国家の危機に立ち向かっていく――というもの。これまでの警察ドラマの常識を超える“規格外”のスケールが話題を呼ぶ。

第1話ではある日、高層ビルが立ち並ぶ広場に、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が現れ、辺りは騒然となる。圭介はこれまで薬物や傷害など数々の罪を親の権力によって免れてきたいわくつきの人物。犯人は外務大臣に公開謝罪を要求。さもなければ公衆の面前で圭介を処刑するという。タイムリミットが刻々と迫るなか稲見と田丸は事件の鍵を握る人物に接触。そこである驚きの事実を知る。さらに稲見は犯行現場に関して”ある疑問”を抱いて――というストーリーだ。

その第1話だが冒頭から稲見と田丸の2人がテロリスト相手に、走行中の新幹線の中で息を飲むようなバトルを繰り広げるクライマックスのような展開。今回、小栗さんと派手な格闘シーンを演じた三元雅芸は昨年の「ジャパンアクションアワード」で最優秀ベストアクション男優賞を受賞した日本アクション俳優界の第一人者。その彼が「こんなに速い格闘アクションを日本ドラマでできる日が来るとは思わなかったので、アクション俳優として嬉しい!」と喜びの声をあげた圧巻の格闘シーンは必見。

本作のために1年前からアクション訓練を受けてきたという小栗さんと西島さん。撮影をふり返り「いまのドラマ界に風穴を空けられるドラマが作れたと思っているので、『つまんねぇなテレビドラマ!』と思っているお客さんたちにも楽しんでいただける作品ができたんじゃないかな」(小栗さん)、「いままで見たことがない連続ドラマになっている」(西島さん)と2人が胸を張るその“規格外ぶり”をお楽しみに。

開始冒頭16分35秒。小栗さんの役者魂を存分に感じられるノンストップシーンに目が釘付けになること間違いなし。

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」は4月11日(火)より毎週火曜21時~カンテレ・フジテレビ系で放送。初回15分拡大。

最終更新:4/11(火) 18:00
cinemacafe.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ