ここから本文です

吉田沙保里 電撃引退の真央は「国民栄誉賞に値するぐらいの選手」

東スポWeb 4/11(火) 15:01配信

 レスリング女子の吉田沙保里(34=至学館大職)が11日、都内で行われた「JALネクストアスリートプロジェクト」の会見に出席。前日(10日)深夜に引退を電撃表明した浅田真央(26=中京大)の国民栄誉賞を望んだ。

 真央の引退について話題が及ぶと「日本やフィギュア界を代表してやってきた重圧は大変なものだろうと思う。真央ちゃんも国民栄誉賞に値するぐらいの選手かなという思いが強いです」と話した。

 自身も2012年ロンドン五輪で3連覇を果たし、同年の世界選手権で世界大会13連覇を達成したことが評価され、国民栄誉賞を受賞している。愛知出身の真央と愛知を拠点にする吉田。「同じ愛知だから一緒に頑張ろうの思いが強かった」とまさに“戦友”の間柄だ。

 前日は、真央に「お疲れ様」とLINEでねぎらいの言葉を送り、朝に「ありがとうございます。次の目標に向かっていきます。沙保里さんを尊敬しています。応援しています」という返信があったという。「また元気な真央スマイルでいろいろなことに挑戦して頑張ってほしい」と改めてエールを送った。

最終更新:4/11(火) 15:26

東スポWeb