ここから本文です

人気子役・鈴木梨央、名前の由来だった浅田真央にエール!

シネマトゥデイ 4/11(火) 19:48配信

 人気子役の鈴木梨央が11日、都内スタジオで行われた『LOGAN/ローガン』アフレコ&キャンペーン大使就任イベントに来場、このたび引退を表明したフィギュアスケートの浅田真央選手にエールを送る一幕があった。

ウルヴァリンの爪に大興奮の鈴木!【写真】

 鈴木の母親が浅田の大ファンで、「浅田真央」という名前にビビッときたことから、「梨央」と名付けられたという鈴木。そのつながりで浅田の引退についてコメントを求められると、「お母さんが大好きで、『梨央』という名前になったんですが、わたしも応援していたので、今後も頑張ってほしいなと思います」と語った。

 そんな鈴木がアフレコに挑んだ作品は、『X-MEN』シリーズなどでヒュー・ジャックマンが17年にわたって演じてきた孤高のヒーロー、ウルヴァリンがフィナーレを飾る『LOGAN/ローガン』。邪悪な敵に追われる少女ローラを守るべく、年老いたウルヴァリン=ローガンが最後の死闘に身を投じるさまが描かれる。謎めいた少女ローラの声を担当した鈴木は、「彼女は、初めは話さないんですが、あるタイミングでローガンに話しかけるんです。最初はスペイン語ですが、徐々に打ち解けていき、ローガンと向き合うようになります。そんな彼女の心境の変化を、吹き替えでできたらいいなと思って頑張りました」とアフレコを述懐する。

 この日は、ウルヴァリンの声を長年務めてきた山路和弘も登壇。今回が、ヒュー演じる最後のウルヴァリン役ということで、「僕も全身全霊で務めたつもりでしたが、後で(Instagramなどで公開された)本人のアフレコ風景の映像を見たら、これがものすごく熱いアフレコで。寝起きで見たんですけど、本当に目が覚めたもんね。すごい男ですよ。感動しちゃった。ヒューさんすみませんでしたという気持ちです」と笑ってみせる。一方の鈴木も「ヒューさんは体全体を使って演じていて、本当に勉強になりました。わたしも取り入れてみようかなというくらいすごい」と感心しきり。

1/2ページ

最終更新:4/11(火) 20:02

シネマトゥデイ