ここから本文です

【RIZIN】“キック界の神童”那須川が興毅氏の対戦相手に“立候補”

東スポWeb 4/11(火) 16:45配信

 総合格闘技イベント「RIZIN 2017 in YOKOHAMA」(16日、横浜アリーナ)に出場する“キック界の神童”那須川天心(18)が10日、千葉・柏のパラエストラ柏で公開練習を行った。

 同大会に出場する女子ファイター・浅倉カンナ(19)とともにマススパーリングなどを行い、順調な仕上がりぶりをアピールした那須川は「調子は最高です。KOを狙うのはもちろん、盛り上がる試合をしてインパクトを残したい」と断言。イタリアの強豪、フランチェスコ・ギリオッティ(34)戦に向けて必勝宣言を放った。

 その自信を支えているのは、豊富な練習量だけではない。那須川は練習の合間の息抜きの時間さえ成長の糧にしているのだ。「最近、空いている時間にビリヤードに行くことにはまっているんです。ビリヤードって動きが少ないスポーツですけど、1つのミスが命取りになるので集中力を鍛えられる。先読みもしないといけないので、その練習にもなる。息抜きしつつ、いい練習になるんです」(那須川)

 さらには、インターネットテレビ局の番組でボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏(30)の対戦相手を募集している企画に応募したことも告白。「せっかくの機会なので戦いたいです」と笑顔を見せた。

 RIZINの後も、立ち技で「KNOCK OUT」5・10渋谷大会のエキシビションマッチ、「RISE」5・20後楽園大会ではISKAオリエンタルルール世界バンタム級王座防衛戦を控える。神童は休む間もなく戦いに臨み、成長し続けるつもりだ。

最終更新:4/11(火) 16:45

東スポWeb