ここから本文です

【新日本】5・3福岡でファレとIWGP戦のオカダ 長期政権に自信

東スポWeb 4/11(火) 16:45配信

 新日本プロレスのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)が、5月3日福岡国際センター大会でバッドラック・ファレ(35)とV5戦を行うことが10日に正式決定した。

 オカダは9日の両国大会で「NEW JAPAN CUP」覇者・柴田勝頼(37)との38分9秒の激闘を制して王座防衛に成功。だが試合後にファレの襲撃を受けKOされる醜態をさらしていた。

 150キロ超の巨体を誇る怪人はIWGP初挑戦となるが、オカダは過去にシングル戦で敗北を喫したこともあり、潜在能力は認めている。「NJCも準優勝してますし、ファレもいろいろたまってると思うので。僕を倒したり棚橋さん倒したりしてますから。いいチャレンジャー。あれだけデカい人間ですから、一撃一撃強力ですし。ただ戦うなら、ヤバいファレと戦いたいですね」と迎撃宣言。「誰も手をつけられないというか、暴走してもらいたいですね。その上で倒したい」と、あえて挑戦者の力をすべて引き出した上で、勝つことを宣言した。

 今年は1・4ドームのケニー・オメガ戦から始まり、防衛戦は全試合が35分を超える激闘続き。それと比例してIWGPの価値も上がり続けていると確信する王者は「オカダを倒せば世界から認められますから。そんな中で(初挑戦の)新しい挑戦者が出てくることはいいこと」と貫禄すら漂わせ、長期政権に自信をのぞかせた。

最終更新:4/11(火) 16:45

東スポWeb